マスクの日焼けより熱中症が怖い

日差しが強くなってきて気になりだすのが日焼け。
今年はマスクをつけて外出する夏になりそうなのでマスク焼けになるのが気になります。

管理人の友人は数年前にマスクをして一日外仕事をしたときにマスクの形に日焼けができて恥ずかしかったと話していたので長時間マスクをつけて外にいる場合は日焼け止めを塗りなおすなど対策を取ったほうがいいです。

しかし、それ以上に気を付けないといけないのは熱中症です。
マスクをしていると体内に熱がこもりやすくなりのどの渇きも感じにくくなります。

運動をしたときにハァハァするのは酸素を取り込むのと、急激に上がった体温を下げようとしているからです。

それに喉が渇くのは、体内の水分が減っているからなのにマスクの影響で加湿されて渇いてると感じなくて水分補給がされず体温が上がり熱中症に。

病院に搬送されても高熱が出るコロナウイルウイルスの感染と症状が似ていますし、コロナウイルの検査には時間がかかります。

例年以上に熱中症対策はしておかないと病院に運ばれて病気を貰うなんてことになるのも嫌ですよね。

個人的には濡らすのが一番体温が下がります。
汗の変わりですね。外仕事の時には腕につける日焼け止めの黒い腕カバーを濡らしてました。

他にも最近では帽子もあるようです。
帽子をかぶりつつ暑くなれば濡らすだけで頭を冷やせるので一つ持っておくのもいいのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする